金言で読み解く投資

明日のお金と心のリッチを目指す株式投資とメンタル投資ブログ

わたしとGMOインターネット

はてなインターネット文学賞「わたしとインターネット」

『わたしとGMOインターネット』と題して書く。
私は『金言で読み解く投資』という本ブログで、「金言」を通して「株式」と「メンタル」への投資を綴り、読者の「お金」と「心」を今日よりも明日豊にすることを目指している。

わたしは、今から約15年前に『金持ち父さん、貧乏父さん(ロバート・キヨサキ著)』を読んで、金持ち父さんになりたくて、このブログのきっかけともなる株式投資をスタートした。
f:id:Investor_Friends:20210725115137j:plain
初めて投資した銘柄が、GMOインターネット証券コード:9449)だ。
この企業はインターネット上の住所ともいえる「ドメイン」や、データを保管するための 「サーバー」をはじめ、「決済」、「ネットセキュリティ」などを提供している企業だ。

我々がインターネットを使用する上で、この会社のいずれかのサービスを気付かないところで利用している可能性は高く、インターネットを使う上で欠かせない企業なのだ。
その当時、手帳の書き方を勉強していて、同社、熊谷社長の夢手帳と出会い、社長に惚れて投資した。その後、ライブドアショックがあり、インターネット企業は無慈悲な下げ相場となった。株は損切りした(売って損失を確定すること)。市場はいい時ばかりじゃないことを学んだ。現在、約15年の時を経て当時の株価に戻った。

一方で、投資には夢がある。私が当時保有していた銘柄にGMOペイメントゲートウェイ(証券コード:3769)ある。決済サービスを提供する上記GMOインターネットの子会社だ。こちらは約15年の時を経て株価はおよそ24倍に成長している(参考:2005/12/1 株価563円・2021/7/21株価13,880円)。

f:id:Investor_Friends:20210725032941p:plain

もし当時の私が100万円をこの企業に投資し保有していれば、2,400万になっている計算だ。私は心の弱さから継続して保有することができなかったが、実に夢のある世界だ。

次は読者のみなさんと10倍(株式市場でテンバガーという)以上になる銘柄を保有して喜び合いたい。

GMOグループは私に色々なことを教えてくれた投資の教科書とも言える銘柄だ。
最後は、この『金言』で締めくくりたい。これはGMOの企業理念であり、決算説明会の後に熊谷社長が必ず言われる言葉だ。今回は、私がこちらの言葉で締めさせて頂く。

すべての人にインターネット By GMO

『金言で読み解く投資』blogへ、ようこそ!
あなたの「お金」と「心」を今日より明日リッチに。


PVアクセスランキング にほんブログ村