金言で読み解く投資

明日のお金と心のリッチを目指す『投資』ブログ

株式相場と投資判断(2022/1/22)

こんにちは。金言(@Investor_K_san)です。

 

今回は「株式投資」に関する記事を書きます。

 


初心者でも『負けない投資』をモットーに、毎月、定額の株式購入をおすすめし、長期的な資産形成をベースとした情報発信をしています。



リスクを抑えた保守的な資産運用により、インフレ時代を乗り切り、みなさまの人生設計のお役に立てれば、うれしいです。

  スポンサーリンク  

 

株式相場

2022/1/21の日経平均株価は、終値27,522.26(前日比▲250.67(▲0.90%))となりました。米国の金融政策の影響を受けて、ボラティリティー(変動幅)が大きい株式市場が続いています。



新型コロナウィルスの感染者が増加していることもあり、日本市場は悪いニュースに耐える力がありません。1/25・1/26と米国FOMCが予定されていることから積極的な買い手も不在のため、注意が必要です。

Chart of Nikkei stock average

 

投資判断

前回の投資判断でもお伝えの通り、27,000円を新規買いラインと考え行動する予定です。買い値は成果を決めますので、慎重くらいが丁度よいですが、あっという間にそのラインが近づいてきました。

 

現在の下値模索の相場の中で、段階的に安いところを拾う戦略です。

 

昨年株式市場が浮かれている時に少しずつ作って来たキャッシュポジションがここで役に立ちます。

 

過去記事で書いて来たように暴落相場を想定し、キャッシュポジションを高めているため、下落相場で打ち手があります。

 

このあたりが私自身が失敗から学んだ株式市場で長く生き残るためのコツだと思います。

 

さて、運用利回りですが、下落相場を受けて下がっている訳ですが、上述のとおり株式の利益確定により損失を軽減できています。



現時点の点でとらえず、将来の上昇時に波に乗れるように今やるべき投資をしっかりマイルールに基づいて実施していきましょう!

 

 

では、本日の金言にて、締めさせて頂きます。
最後までお読みいただきありがとうございます。

◆本日の金言◆
変化に適応できない人は、変化に吹き飛ばされるだろう。変化を認識し反応する人は利益を得るだろう。

  - ジム・ロジャーズ -

 

  スポンサーリンク  

 

以下、投資で負けないためにおすすめ書籍をご紹介します。あわせてご確認ください。

 

『金言で読み解く投資』blogへ、ようこそ!あなたの「お金」「知識」「心」を今日より明日リッチに。

PVアクセスランキング にほんブログ村